痩せるサプリランキング

MENU

昔、痩せていた人はダイエットを甘く見ちゃダメですよ

「胃下垂っていいよねー、太らないもんねー」
当時はこの言葉に含まれた本当の意味がよくわかりませんでした。
もともと体の小さい私。容量が小さいために小食でした。
それに加えて何故か肉嫌い。子供のくせに野菜や魚が中心という、無意識ヘルシーな食生活を送っていたようです。
そのため成人する頃の体重は40kg未満、中学生にも間違われるくらいのコンパクトサイズ。それに加えて食べても食べても太らないという、大食い街道まっしぐらOKな黄金ボディを持っておりました。
でも実はこの身体、黄金じゃなくてただの金メッキだったことがいずれ発覚します。
調子に乗って運動もせず、食生活も気にせず、好きなものを好きなだけ食べ続ける、というわがまま生活をしていたら、20代後半にはアレ?30代に入ったらアレレレレ?
はい、どんどんと増加していきましたよ。わがままボディが。
でも、過去の栄光と言うものは人をダメにします。「昔は痩せてたんだし、いずれ元に戻れるよね」と言う気持ちがどこかに残っており、ダイエットをしてもどうにも本気になれず。そんな生半可なダイエットをずるずると続け・・・気づいたら、年齢とともに「代謝」が悪くなってました。要するに「老い」ですね。年々と体重と体脂肪が微増するこの身体。それでも「微増」であることに「まだ大丈夫だよね、いつかは過去の自分に戻れるよね」と油断・・・いや、認めたくなかったのでしょう。過去の写真を眺め、過去の服を保管し続け、過去の可愛くて痩せてるキャラを演じ続けました。が、中年化した過去の栄光なんてもう世間様は認めてくれない。もうメタボ予備軍中年ぽっちゃりおばちゃんとしてしか見てくれなくなりました。ここまでくると、過去の栄光を取り戻すのはかなり難しいです。いや、不可能です。所詮過去は過去、もう戻れないのです。
今「やだ〜、ちょっと太っちゃった〜、痩せなきゃ〜」とか言いながらばくばく食べている20代女子がいたら、「過去の時間は取り戻せないよ」とだけアドバイスをしておきます。あなたが本気なら、本気を出してください。そうでないと取り戻せませんよ。時は。